忍者ブログ
カレンダー
11

01
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
attention please♪
ポチっとしていただけると、
大変励みになります。
ご協力 お願いします(m´・ω・`)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

Track word 
RSS 
recommendation
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
ナチュラル服・ジュエリー・バッグなどお気に入りなモノ達をたくさん詰め込んでます♪


 148 |  146 |  131 |  125 |  123 |  121 |  120 |  106 |  103 |  101 |  98 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第10回「さよなら、お母さん 家族を見守る桃の樹」 (9/7)

台風の被害を心配した明子は、安土家の桃畑へと車を走らせると、台風の対処に追われていた幸恵に再会する。ほどなくして作業が終わった頃、明子を追ってきた一郎が現れた。「今夜は遅いから泊まっていきなさい」という幸恵に対して、一郎は拒否。その場にいた香里が農園の跡取りを決めてほしいとの懇願を無視する幸恵に対し「目の前の人間よりも桃のほうが大事なんだ」と一郎は幸恵を叱責する。「あなた方のお父さんが大切にしてきたからだ」と桃に対する気持ちを打ち明ける幸恵だが、一郎は“夫としても安土家の当主としても、いまひとつだった”という、12年前に聞いた幸恵の言葉で切り返す。一郎がなぜ安土家を出て行ったか初めて知った幸恵だが、「そんなにつまらない息子だったとは…」と残念がる。たまたま香里と直樹(川端竜太)が、一郎が家を出るきっかけとなった12年前の話で密談しているのを聞いてしまう明子。香里は、一郎が聞いていなかった話を聞いていたというのだ。その「12年前の真実の話」を聞かせてくれと、明子は香里に迫る。

12年前の幸恵の言葉には続きがあるのでは?と思っていたけど、その通りのベタな流れにも負けないくらい、今回の一郎はカッコよかった♪
それに、一郎が家を出る前に倒してしまった桃の木が実は、一郎が生まれた時に父親と幸恵が植えたものだったというエピソードに正直、泣けました。不器用なゆえに、桃の木を可愛がることで子供への愛情表現をしていたなんて・・・。父親にはよくあるエピソードですが、母親でも幸恵のような人がいるかもしれないですね。
私がずっと気になっていた「何故、一郎は関西弁なのか?」という謎も解けました。幸恵に対する“あてつけ”だったとは!前回、明子に「いつまでも母親を許せないような人は頼れない」って言われるわけだわ(笑)
安土家も雪解けの時を迎え、あとは一郎と明子がゴールインするのみ!になりました。でも、きっと簡単にはいかないんだろうねぇ~。

拍手[0回]


☆木曜22:00~ TBS系 公式HP

脚本:秦建日子 
演出:池添博 谷川功

☆篠原涼子  竹富明子(32)・・・首都テレビのアナウンサー
 矢部浩之  安土一郎(32)・・・明子の元彼
 松嶋尚美  木村希美(32)・・・明子の親友
 小沢真珠  安土香里(32)・・・一郎のいとこ
 小山慶一郎 安土次郎(22)・・・一郎の弟
 佐藤仁美  片桐桃子(28)・・・一郎の妹
 笹野高史  安土孝二(62)・・・幸恵の義弟
 銀紛蝶   安土文代(57)・・・孝二の妻
 宇梶剛士  高橋浩(46)・・・首都テレビプロデューサー
 岩下志麻  安土幸恵(59)・・・一郎の母
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  * Natural Closet *  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
Bag♪
代官山クロシェットの
~カゴバッグ特集~

Maline Felice
~マリン・フェリーチェ~


Grace ~グラース~


Cerfeuil ~セルフィーユ~

Book♪
~ナチュリラ特集~

recommendation -2-