忍者ブログ
カレンダー
06

08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
attention please♪
ポチっとしていただけると、
大変励みになります。
ご協力 お願いします(m´・ω・`)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

Track word 
RSS 
recommendation
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
ナチュラル服・ジュエリー・バッグなどお気に入りなモノ達をたくさん詰め込んでます♪


 216 |  198 |  188 |  185 |  157 |  153 |  152 |  148 |  146 |  131 |  125 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シェアブログ3646に投稿

<あらすじ>
2005年夏。台風が通過したばかりの海にサーフィンをしにやってきた尾島健太(森山未來)。波は大荒れにもかかわらず、健太は海に向かってパドリングを始めた。
片や昭和19年夏、まさに健太が沖に向かってサーフボードに体を預けているその海の上空を、九十三式陸上中間練習機が飛んでいた。操縦するのは石庭吾一(森山未來・二役)。しっかりと操縦桿を握っている吾一の遠くで稲妻が走る。と同時に彼には飛行機のエンジン音が聞こえなくなり、
前方の視界が歪み意識が遠のいていく。
また、現代の健太にも、大きな波を捉えようとした矢先、目の前の大きな半透明の壁が立ちはだかり気が遠くなっていく。そして、お互い目を覚ました所は、今まで見た事のない風景が広がる場所。どうやら2人は、何の偶然からか入れ替わってしまったらしい…。

今回のテーマは『若者』で、入れ替わってしまった2人が太平洋戦争をそれぞれの視点で見つめるというもの。
現代にやって来た吾一は、日本が戦争に負けたことを知り、「自分達が命を賭けてきたのは何だったのか」と、やるせない思いに駆られる。
一方、大戦の最中に入れ替わった健太は、日本が戦争に負けたことを知りながら、それでも戦わなければならない空しさを感じる。
最後は、それぞれ『愛するもの』を守るため、お互いの道を歩む事を決意するんだけど、ちゃんと『自分の時代」に戻れたのが結局、どっちなのかが分からず仕舞。視聴者の想像におまかせします・・・ということなのかな。一寸もったない感じがしました。
でも、森山くんの演技は満点!また一段と腕を上げたなぁって思いました。健太も吾一も、それぞれの時代に行って感じたことは違うし、それを演じ分けるのは本当に大変だったと思います。

拍手[0回]


番組公式HP原作:萩原浩「僕たちの戦争」(双葉社)
プロデューサー:八木康夫 那須田淳
演出:金子文紀
脚本:山元清多
森山 未来・・・尾島健太、石庭吾一(二役)
上野 樹里・・・鴨志田 ミナミ
内山 理名・・・沢村 文子
玉山 鉄二・・・鴨志田 祐司
古田 新太・・・尾島 勝利
麻生 祐未・・・尾島 紀子
篠井 英介・・・片山分隊長
石井 正則・・・兼子分隊士
桐谷 健太・・・山口 真造
浅利 陽介・・・古屋 英二
樹木 希林・・・沢村 キヨ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  * Natural Closet *  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
Bag♪
代官山クロシェットの
~カゴバッグ特集~

Maline Felice
~マリン・フェリーチェ~


Grace ~グラース~


Cerfeuil ~セルフィーユ~

Book♪
~ナチュリラ特集~

recommendation -2-