忍者ブログ
カレンダー
09

11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
attention please♪
ポチっとしていただけると、
大変励みになります。
ご協力 お願いします(m´・ω・`)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

Track word 
RSS 
recommendation
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
ナチュラル服・ジュエリー・バッグなどお気に入りなモノ達をたくさん詰め込んでます♪


 34 |  33 |  32 |  30 |  29 |  28 |  27 |  25 |  16 |  15 |  14 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


バティニョールおじさん
バティニョールおじさん

私のオススメ度★★★★☆
☆2002年 フランス
☆監督・脚本:ジェラール・ジュニョ
☆出演:ジェラール・ジュニョ/ジュール・シトリュック/
ミシェル・ガルシア

拍手[0回]


☆ストーリー:時は1942年、ナチス占領下のパリ。エドモン・バティニョールは、肉屋を営むごく普通の男。彼は、口うるさい妻と世渡り上手な娘や、私欲に走ってドイツ軍に協力する義理の息子にも、できるだけ無関心を装っていた。そんなある日、隣人のユダヤ人医師一家が検挙され、図らずもバティニョールはそれに手を貸してしまう…。しかしその後、運良く戻ってきた少年シモンを戸口に見つけた時から、バティニョールの中で、何かが変わり始める。はじめは一晩だけシモンをかくまうつもりが、シモンの2人の従妹と一緒にスイスへの逃亡を助けることに。夜汽車での移動、厳しい検問など、命がけで難関を突破しながら子供たちとの心の交流を深めていく。そして、ついにスイス国境にたどり着いたが…。

☆コメント:ナチスによるユダヤ人迫害に関連する作品は、何度見ても心が痛みますね。
でも、この作品は悲壮感を全面に出すのではなく、バティニョールおじさんの『命がけの行動』が人間の良心に訴えかけているように思います。
おじさんとシモンの絆が深まっていく様子に心が温まっていきますよ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(c)  * Natural Closet *  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
Bag♪
代官山クロシェットの
~カゴバッグ特集~

Maline Felice
~マリン・フェリーチェ~


Grace ~グラース~


Cerfeuil ~セルフィーユ~

Book♪
~ナチュリラ特集~

recommendation -2-